お知らせ

サイト内の記事「どなたにでも読んでいただける記事」と「コミュニティー会員または私の販売するツールの購入者限定」の記事の二種類となっています。

読んでみたいと思われた方・興味を持たれた方がいらしたら「 こちらのページ 」より手続きをお願いしますね!

荷馬車・馬車馬・・・あなたが懸命に働いても稼げない理由

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

荷馬車・馬車馬はさすがに時代遅れです…。

でも、現在に例えると運送会社の経営者とトラック(従業員ではありません。たぶん従業員といえるのは役員やパートナーだけです)みたいな関係です。

給料は毎月の燃料代、採用は新規購入、教育のコストは車検代金や自動車関連の税金、毎回きれいに洗車してくれる、まめにメンテナンスをしてくれるなど違いはあるでしょう(待遇の違いや大事にしてくれると感じさせるということです)。

でも、たぶんそれだけのことです。

唯一無二のあなたではないのです。

車の買い替えサイクルが延びた、10万キロ走行など軽々(実際には乗用車と違い貨大型物車では100万キロ) ⇒ 定年延長もそうするしかないことと(省エネ/省資源)、まだ使える(寿命が延び60歳を過ぎても元気)、こんなことです。

AIで仕事がなくなる ⇒ 自動運転でドライバーが不要になるということに置き換えられます。

このように考えると、荷馬車・馬車馬が稼げないのは当たり前ですね。

産業革命以来の激変が起こっています。

ほぼコストで「情報発信と販売」が可能な世界がすでに実現しているのです。

狩猟採集民から農民へ(農耕の開始)、農民から商工業者へ(産業革命)、実際の物づくりや販売から情報やノウハウ/仮想環境での活動へ、今まさにこのパラダイムに乗り遅れてしまうのかどうかが問われています。

    コメントを残す

    CAPTCHA